もしかして心療内科で治せる|悩める吃音も解決でGOOD生活

医者と患者

どもりは治せる

どもりで影響がある

笑顔の女性

自分の言いたいことがうまく伝えられない人は少なくありません。頑張って話をしようとしても必ずと言っていい程どもってしまい、また同じことの繰り返しになっているという人が大勢いるでしょう。その大勢の中には、同じことの繰り返しなら話さないほうが良いと考えが定着してしまったという人もいます。こうなると周りの人とのコミュニケーションにも大きな影響が出てしまいます。しかし、治し方を間違えてしまうと逆に悪化してしまう恐れがありますので、医師に相談する必要があります。医師に相談と言ってもどの治療科が良いのかわからないとなってしまいますが、これは精神科か治療科になるでしょう。実は私達がどもりとして認識していることは、「吃音」という症状であることがあるのです。吃音になってしまう原因は深層心理の深い所に根付いていると言われていることから、精神科での治療になるのです。ですが、吃音に加えて体調に異常が見られる場合には、心と身体の診察をしている心療内科で一度診察をしてもらうと良いでしょう。吃音に加えて体調に異常があることには、吃音によるストレスからが影響している恐れがあります。気づいたらなっていた吃音なのに治せるのかと思われることもありますが、診察と治療でしっかりと完治できた人はいますので、諦めないことが重要です。

深層心理が関わっているものである

吃音の原因は深層心理の深いところにあると言われており、幼児期が大きく関係しています。幼児期の強度なストレス体験、子供のためにとやっていた厳しい躾が原因になっているのです。実際吃音の治療をしている人がカウンセリングを受けた際に、幼児期に嫌なことがたくさんあったという回答をしている人の数が多いものでした。幼児期にあったことが原因となるとだいぶ前の時間になることから、吃音は治療が難しいと言われています。ですが、これを克服することで、しっかりと治す事ができるでしょう。うつ病を始めとする他の精神病は、治療にはカウンセリングだけでなく投薬治療もありますが、吃音の治療では克服することに充填を置いているので、投薬治療は殆どありません。それだと吃音の治療は一体どんなことをするのかと疑問が出てきますが、これにはトラウマを上書きするという方法を行なっていくのが最適でしょう。この方法は一人一人の吃音の状態によって異なっているので、患者が全員同じ治療方法を行うという訳ではありません。このことはなるべくはやく治るようにと治療をする人だけでなく、その家族や友人にも理解をしてほしいものです。